“かねこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
金子50.0%
周子30.0%
鏡子10.0%
兼子10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
万来舎では今の金子子爵、その他相馬永胤目賀田男爵、鳩山和夫等が法律を講ずるので、保も聴いた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「そして、あんた、周子さんの代りに当分此処に仕事に来て貰ふんですね。」と杉田が云つた。
F村での春 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
鏡子は文榮堂書肆の主人の畑尾と、鏡子の良人の甥で、鏡子よりは五つ六つ年下の荒木英也と云ふ文学士とである。畑尾は何かを聞いた英也に
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
此方へ来ては山北とか、国府津とか、停車する度に呼ばれるのを聞いても、疲労し切つた身体を持つた鏡子の鈍い神経には格別の感じも与へなかつたのであつたが
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
「そうです。若い婦人、兼子という名前らしいです。弾丸のあたったのは、矢張り心臓の真上です」
省線電車の射撃手 (新字新仮名) / 海野十三(著)