“かんぺき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
癇癖55.1%
完璧32.2%
疳癖11.0%
肝癖1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
世間には往々読まざる書物をれいれいと殊更人の見る処に飾立てて置く人さえあるのに、これはまた何という一風変った癇癖であろう。
この演奏はあまりにも瑰麗であり、ワインガルトナー風に隠健であるが、その代り渾然たる完璧の出来で、この精神的内容の熾烈な曲を
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
それは倉地が葉子のしつっこいみと、激しい嫉妬と、理不尽な疳癖の発作とを避けるばかりだとは葉子自身にさえ思えないがあった。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
「驚きました。達磨面壁、殿様肝癖——。」
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)