“おそなえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御供50.0%
供餅33.3%
御供餅16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そう持つのではないと叱られると、きっと御供おそなえのような平たい頭をかしげて、こう? こう? と聞き直した。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それから大きな赤いだいだい御供おそなえの上にせて、床の間にえた。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
学校へも、お砂糖の折だの、みかんの箱だの炭俵だの、供餅おそなえだのが沢山もちこまれる。
正月には、この床の間には父の弟子達から贈られた供餅おそなえが飾られた。
生い立ちの記 (新字新仮名) / 小山清(著)
あの、岩一枚、子産石こうみいしと申しまして、小さなのは細螺きしゃご碁石ごいしぐらい、頃あいの御供餅おそなえほどのから、大きなのになりますと、一人では持切れませぬようなのまで、こっとり円い、ちっと、平扁味ひらたみのあります石が、どこからとなくころころと産れますでございます。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)