“黄巣”の読み方と例文
読み方割合
こうそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黄巣が手ずからめた無数の金銀を得大いに富んだというが、世俗白鼠を大黒天、白蛇を弁財天の使で福神の下属という。
黄巣丈夫のかずにあらずと
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
唐の黄巣が乱をし金陵を攻めんとした時、弁士往き向うて王の名は、それが金に入ると鏁となるとしたのですなわち引き去った(『焦氏筆乗』続八)とあると同日の談だ。