“鶴髪”の読み方と例文
読み方割合
かくはつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鶴髪白髯長身痩躯、眼に不思議な光を宿し、唇に苦笑を漂わせた、神々しくもあれば凄くもある、一人の老人が立っていた。
柳営秘録かつえ蔵 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ところで又、その医者というのが吾輩の親友で、鶴髪、童顔、白髯という立派な風采の先生だったが、トテモ仕様のない泥酔漢の貧乏老爺なんだ。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
肩に止まったは白烏、手についたは白檀の杖、鶴髪童顔、そうして跣足! 響き渡るはの音! 十本の薬草花を持ち上げ例によって王冠、ユラユラと動く。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)