“鬢糸”の読み方と例文
読み方割合
びんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この頃、銀座通に柳の苗木植付けられた。この苗木のもとに立って、断髪洋装の女子と共に蓄音機の奏する出征の曲を聴いて感激を催す事は、鬢糸禅榻をなすもののくすべき所ではない。
正宗谷崎両氏の批評に答う (新字新仮名) / 永井荷風(著)
今日鬢糸禅榻畔茶煙軽颺落花の風——」
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
鬢糸
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)