“鬢付油”の読み方と例文
読み方割合
びんつけあぶら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
種々仕掛は楽屋にちゃんと用意してあるはずだ。顔へを塗る手は古いが、眼尻へ鬢付油を塗って、頬の引っつりを無二膏えるとは新手だったね。
なかったのだ、鬢付油が。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
平次は、油障子に大きな碇を描いた入口の隣——砥石鬢付油や剃刀やを並べた格子を指しました。