“高麗格子”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうらいごうし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“高麗格子”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史20.0%
芸術・美術 > 絵画 > 日本画1.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
松本幸四郎まつもとこうしろう高麗格子こうらいごうし褞袍どてら鉢巻はちまきして片手の指先にぼんやりと煙管きせるささへさせたるが如き、錦絵の線と色とが如何いかによく日本人固有の容貌ならびに感情を描出えがきいだせるか。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)