“高空”の読み方と例文
読み方割合
たかぞら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明るい湯霧を見詰め乍ら、うっとりとする気持は、そして晴れた高空に、パンパンと快よく響く流しの醸す雰囲気は、誰だって、溜らなく好ましいものに相違ないのですから……。
足の裏 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
万古高空の悲哀よぶとか啼く杜鵑(残紅)
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
高空に富士はま白き冬いよよ我が眼力なかりけり
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)