“馴々敷”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なれなれし33.3%
なれなれしく33.3%
なれ/\しく33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“馴々敷”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、自分は馴々敷なれなれしい調子で言った。男は自分の思惑を憚るかして、妙な顔して、ただもう悄然しょんぼりと震え乍ら立って居る。
朝飯 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
『ハ、其辺そこいらまで御同伴ごいつしよ。』と馴々敷なれなれしく言ひ乍ら、はにかむ色もなく男と並んで、『マアわたしの方が這麽こんなに小い!』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
『見たまへ、まあこの信濃毎日を。』と郡視学は馴々敷なれ/\しく、『君が金牌を授与されたといふことから、教育者の亀鑑だといふこと迄、委敷くはしく書いて有ますよ。表彰文は全部。それに、履歴までも。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)