“馴々敷:なれ/\しく” の例文
“馴々敷:なれ/\しく”を含む作品の著者(上位)作品数
島崎藤村1
“馴々敷:なれ/\しく”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
『見たまへ、まあこの信濃毎日を。』と郡視学は馴々敷なれ/\しく、『君が金牌を授与されたといふことから、教育者の亀鑑だといふこと迄、委敷くはしく書いて有ますよ。表彰文は全部。それに、履歴までも。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)