“香炉台”の読み方と例文
旧字:香爐臺
読み方割合
こうろだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とばかり、彼の手を取って、正座の一番椅子に据え、その前に香炉台を置き、王倫の兜巾して、晁蓋せた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あるいは漆器の経机経箱過去帳、または応量器だとか香炉台だとか、あるいはまた過去帳台とか位牌だとかに、しばしば優れた形や塗のものにり会います。いつも伝灯の深さが後に控えます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
脚長香炉台のうえに、床間掛けの横物が見える。尊氏は紙燭を手に立って顔をよせた。その一、二でもすぐわからずにはいられない物である。家祖家時からの鑁阿寺置文だった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)