“音戸”の読み方と例文
読み方割合
おんど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして京阪間を駈け巡り、屋島、壇ノ浦、別府、下ノ関、厳島とあるき、終りは、音戸の瀬戸の清盛塚という長旅行であるそうな。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
清盛が厳島参詣する道をくするために切り開かした音戸瀬戸で、傾く日をも呼び返したと人は申しまする。法皇は清盛のから生まれた皇子に位をられる、と聞いております。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
音戸の瀬戸へ
おさんだいしよさま (新字旧仮名) / 野口雨情(著)