“青大將”の読み方と例文
新字:青大将
読み方割合
あをだいしやう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
相當苦勞もしたらしい女ですが、こんな青大將の匂ひのする、怪し氣な小料理屋のお神にして置くには、全く惜しいきりやうです。
らようまづぢや八九んだんだが、でこすればえゝつちから、えことたとつてな、青大將ぶらんとからぶらさがつたから竹竿すべとつたら
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
小道具と衣裳と、こね廻したやうに散ばつて居る上、と汗と白粉のカクテルで、これが本當に青大將の匂ひです。