“雲烟”の読み方と例文
読み方割合
うんえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
郊外の龍華寺にきその塔に登って、ここに始めて雲烟渺々たる間に低く一連の山脈を望むことができるのだと、車の中で父が語られた。
十九の秋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
虹汀此の所の形相を見て思ふやう。此地、北に愛宕の霊山半空にえつゝ、南方背振雷山浮岳の諸名山と雲烟を連ねたり。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
草をとし石をとして、谿流縈回せる、雲烟の変化するを見ながら食うもよし、かつ価もにして妙なりなぞとよろこびながら、いで口中に卵を受くるに、鼻をき味舌をす。
突貫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)