“隣組”の読み方と例文
読み方割合
となりぐみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このことは子供仲間に電信のように早く伝わり、ずっと遠いところの隣組の少年少女たちまでが、僕たちあたしたちも仲間に入れてよと申込んで来る始末だった。
骸骨館 (新字新仮名) / 海野十三(著)
町裏に、隣組人々によって、された田圃がありました。そこには、黄色いていました。
どこかに生きながら (新字新仮名) / 小川未明(著)
ですか、見物じゃありませんよ、消防のてつだいをしました。自転車他所けておいてんだのです。隣組でやるバケツのリレーは、あわてるときは、だめですね。
火事 (新字新仮名) / 小川未明(著)