“障子際”の読み方と例文
読み方割合
しょうじぎわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
縁側の障子際に坐っている仲人役の栗野博士夫妻は最前からりに気をんで、新郎新婦に席をさせようとしていたが、田舎の風俗に慣れない新郎の澄夫が
笑う唖女 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
我を忘れて障子際に耳を寄せようとすると、乳房がよく寝ていた郁太郎のでて、子供は夢を破られんとし、むずかって身を動かすので、お浜はあわててかかえてなします。
大菩薩峠:02 鈴鹿山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
廊下を通って父親の居間になっている日本間の方へ往くと、廊下のとっつきの小座敷で人の気配がするのだ、奴さん、そっと障子際へ寄って耳を立てると、むし笑いに笑う女の声がするが
雨夜草紙 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)