“陣鐘”の読み方と例文
読み方割合
じんがね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
法螺陣鐘の音に砂けむりをあげつつ、堂々と街道をおしくだり、蒲原宿向田ノ城にはいって、松平周防守のむかえをうけた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それらの者はこの六月の末という暑気に重い甲冑を着て、矢叫太刀音陣鐘、太鼓の修羅に汗を流し血を流して、追いつ返しつしているのであった。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
おりから、法師野の空にあって、三陣鐘が鳴りわたるを合図に、天地にとどろくばかりな勝鬨の声があがった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)