“開戸”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひらきど85.7%
ひらき14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“開戸”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸11.3%
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.8%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
新吉が怖いとも怖くないともグッと息がとまるようで、だ無茶苦茶に三尺の開戸ひらきど打毀うちこわして駈出したが
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
物置にしてある小屋の開戸ひらきどが半分いている為めに、身を横にして通らねばならない処さえある。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
小屋に近よってみると、入り口といってはきわめて低い狭い開戸ひらきがついていて、道路工夫が道ばたにこしらえる建物に似寄ったものであった。
手水場ちょうずば上草履うわぞうりいて庭へり、開戸ひらきを開け、折戸のもとたゝずんで様子を見ますと、本を読んでいる声が聞える。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)