“鎧袖一触”の読み方と例文
読み方割合
がいしゅういっしょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それらのあらゆる論告のはしくれは、かくのごとく一掃されて灰燼になる。すべてのへりくつは論理の鎧袖一触で解決される。
死刑囚最後の日 (新字新仮名) / ヴィクトル・ユゴー(著)
鮭かも知れないと思う途端に、沖へのして、太い人造を鎧袖一触という威勢で切って行ってしまった。
河鱸遡上一考 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
肉体が疲れて意志を失ってしまったときには、鎧袖一触、修辞も何もぬきにして、袈裟がけに人を抜打ちにしてしまう場合が多いように思われます。悲しいことですね。
女の決闘 (新字新仮名) / 太宰治(著)