“一触即発”の読み方と例文
読み方割合
いっしょくそくはつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だからややもすれば、今夕のように、根底にあるその対立感情がすぐ“一触即発”の危機をすのであったが、さいわい、その晩は何事もなくすんだ。そして翌朝のことだった。