“鉄梁”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ビーム66.7%
てつりょう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鉄梁”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
広々とした深い地下を掘り返して、縦横に鉄柱がそばだち、鉄梁ビームや鉄筋が打ち込まれて、地下工事が施されているのです。
墓が呼んでいる (新字新仮名) epub / 橘外男(著)
鉄梁ビームや鉄筋の残骸ざんがいがあり、鉄柱がそばだち以前と何の変りもありません。
墓が呼んでいる (新字新仮名) epub / 橘外男(著)
重々しく揺れまわっている鉄梁てつりょうには難なく引綱が結びつけられた。
秋空晴れて (新字新仮名) epub / 吉田甲子太郎(著)
少年は今まで立っていた板張いたばりから出はずれると、ことさらに手で平均をとる様子もなく、両足をならべて立つはばもない鉄梁てつりょうつたって、ひょいとビルディングの一番外側になっている鉄桁てつげたに足をのせた。
秋空晴れて (新字新仮名) epub / 吉田甲子太郎(著)