“足裏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あなうら66.7%
あしうら33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うと/\と眠れる獅子の足裏に觸れて見たしとふと思ひけり
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
○白猫の足裏に散る萩の花
主人の足裏の様に幾重をなして口をあいた。あまり手荒い攻撃に、虎伏す野辺までもといて来た糟糠御台所も、ぽろ/\涙をこぼす日があった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)