“諾否”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だくひ75.0%
いなや12.5%
なやうや12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
用事はより単簡であった。けれども細君の諾否だけですぐ決定されべき性質のものではなかった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
彼女諾否肝腎吾等意志添物吾等承諾取捨にはませぬ。