“詐取”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さしゅ75.0%
かたり25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同時に彼は、自分から半日の駄賃と酒代さかて詐取さしゅした十幾人もの人間が世間に満ちてはいるが、
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「あの山の方に逃げて行くかも知れない。するとおれは金を詐取さしゅされることになる」
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
詐取かたりで御座いますとも! 情婦をんなを種に詐取を致すよりは、費消つかひこみの方が罪ははるかに軽う御座います。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「それは詐取かたりだ! さうとも」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)