“表戸”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おもてど66.7%
おもて33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“表戸”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼はクルリとふりむくと、今度は表戸おもてど蹴破けやぶるようにしてサッと外へ飛び出した。
地獄街道 (新字新仮名) / 海野十三(著)
慶作はとんとんと表戸おもてどを叩いてみた。
首きり湯に漬ったまま、出て来ようともしないから、表戸おもての甚八、独りであわてた。