“藩侯”の読み方と例文
読み方割合
はんこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
町役人から重ねて其次第をとゞけ出ると、藩侯る奇怪に思はれて、早速に堀のなかを詮議しろとの命令をされた。
梟娘の話 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
大分ったところの「駕立場」は藩侯登山の折の休憩所で、ここの眺望は雲仙の第一景として知られている。
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)
〔評〕幕府南洲にせんと欲す。藩侯之をへ、南洲を大島す。南洲貶竄せらるゝこと前後數年なり、而て身益に、氣益に、讀書是より大に進むと云ふ。