“苦心惨憺”の読み方と例文
旧字:苦心慘憺
読み方割合
くしんさんたん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
実によけいな心配をしたもので、お手前物の百味箪笥の引出しをいちいちあけて、薬を調べるような心持で、僅か大衆の一句のために、道庵先生が苦心惨憺をはじめました。
大菩薩峠:25 みちりやの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
畑に顛落して、つき指をしたり、苦心惨憺、やっとの思いで妻子のもとに帰ったのだが、妻は尋常の夫の放蕩とのんきに思いこんでいるらしく、チクチク皮肉をいうばかりか
野狐 (新字新仮名) / 田中英光(著)
学校の講堂もそうである。この事については学長はじめ必ず苦心惨憺たるものがあるであろうが、ここにこれを明言するだけの成算が未だ立っておらないのであろうかと思うのである。
始業式に臨みて (新字新仮名) / 大隈重信(著)