“苅安”の読み方と例文
読み方割合
かりやす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三郎兵衛の降伏を知ると、苅安の城も、長比城も、みな血を見ずに落城した。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
苅安長比、長亭軒の城など——一括げに、はや落去いたし、敵将樋口三郎兵衛以下、一名も余さず、お味方にし、それがしが手勢のうちに従えて参りましたれば、はや後には御懸念なく」
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)