“色形”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いろかたち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“色形”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
殊に「御言葉みことば御聖徳ごしょうとくにより、ぱんと酒の色形いろかたちは変らずといえども、その正体しょうたいはおんあるじ御血肉おんけつにくとなり変る」尊いさがらめんとを信じている。
おぎん (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
マンゴスチンと申す茄子なすの如き色形いろかたちせるもの、皮やむくべき、甘き汁を吸ふ事やすると惑ひさふらひしに、鈴木のきたりて、二つにたてに割りて中子なかごさじにて食へと教へ申しさふらふ
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)