“胴切”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どうぎ50.0%
どうぎり50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“胴切”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
車体の前半分は、鯨でも胴切どうぎりに出来そうな大きい鋭い刃が、ウネウネと波の形に植えつけられてあった。
地中魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
秘書は、ぎょっとして、金博士の皿にのっている燻製の胴切どうぎり蟒に目を走らせた。
六畳の上りはなけやき胴切どうぎりの火鉢のまはりに、お糸さんとおなかさんとがぼんやりして居た。
二黒の巳 (新字旧仮名) / 平出修(著)
「一思いに好男子、粉にする処だっけ。勿論、私がこうして御近所に陣取っていれば、胴切どうぎりにされたって承合うけあい助かる。洒落しゃれにちょいとかれてみるなんぞもおつだがね、一人の時は危険だよ。」
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)