“翌月”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あくるつき42.9%
よくげつ42.9%
よくつき14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“翌月”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸6.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
翌月あくるつき二度目にどめときに、それでも氣絶きぜつはしませんでございました。
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
霞ヶ関の義挙が世を震動させたのは柳まつりの翌月あくるつきであった。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
をとこまた加減かげんことつてやつておくと、またその翌月よくげつの一じつ葉書はがきた。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
をとこなんともつてやりやうがないので、のまゝ打つちやらかしておくと、またその翌月よくげつの一じつ葉書はがきた。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
奉行は吟味中お由の口上で、図らずお柳の懐妊の年月ねんげつが分ったので、幸兵衛が龜甲屋へ出入を初めた年月としつきたゞすと、懐妊した翌月よくつきでありますから、長二は幸兵衛のたねでない事は明白でございますが、お柳は実母に相違ありませんから、まだ親殺しの罪をのがれさせることは出来ません。
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)