“縮緬類”の読み方と例文
読み方割合
ちりめんるゐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殘らず仕立たれば何なにか御心安くなし今でも縮緬類は時々此方へ仕立に遣はさるゝがと違ひて商賣しけれ共お馴染ゆゑまさかに今では出來ませんとも云れず其度に仕立てるなり夫に又先生は酒好にて毎日へ酒を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)