“縮緬地”の読み方と例文
読み方割合
ちりめんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
美しい婦人達の大理石の様なかな手で、蛇の様に重みのある縮緬地が引揚げられたり、ぬらぬらと滑り落ちて蜷局を巻いたりして、次から次へと婦人達の貪る様な眼で検閲されて居るのである。
偽刑事 (新字新仮名) / 川田功(著)