“経通”の読み方と例文
読み方割合
つねみち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これも文和の昔、後芬陀利花院さま(一条経通)御在世の、折からの西風にられてお屋敷の寝殿二棟が炎上の折にも、幸いこの御秘蔵の文庫のみはなく残りました。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
それを幕府は力で迫り、公卿の一条経通や二条の関白良基らも、古例や先例や、いろんな理窟をつけてついに、北朝の後光厳天皇として、践祚を見るにいたったものだった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これも文和の昔、後芬陀利花院さま(一条経通)御在世の、折からの西風にられてお屋敷の寝殿二棟が炎上の折にも、幸ひこの御秘蔵の文庫のみはなく残りました。
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)