“細故”の読み方と例文
読み方割合
さいこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
養玄は嘗て一たびの所生の梅をつて、後にこれを出したものである。然るに伊沢岡西二家の人々は殆細故意に介するに足らずとなすものの如くである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
た正科の外、別に英語の一科を設け、子弟をして深く新主義の蘊奥に入り、にその細故を講ずるの便を得せしめんと欲するは、余の諸君と共に賛する所なり。
祝東京専門学校之開校 (新字新仮名) / 小野梓(著)
信条的構造と見られる、建築の手法、細故のテクニックにわたっての是非は知らず、楼門廻廊の直線と曲線が、あるいは並び下り、あるいは起き伏すうねりにつれて、丹碧剥落したりとはいえ
不尽の高根 (新字新仮名) / 小島烏水(著)