“紙糸”の読み方と例文
読み方割合
かみいと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最前はただ指物膳箱などを製し、元結紙糸る等に過ぎざりしもの、次第にその仕事の種類を増し、下駄を作る者あり、提灯を張る者あり
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)