“紙縒糸”の読み方と例文
読み方割合
かみよりいと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
碇関や、北の方では金木辺のが仕事が特に優れます。この種の「けら」の特長は、から肩、背にかけてを白い紙縒糸で編み、これに黒糸や時としては色糸で模様を入れることであります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)