“糸遊”のいろいろな読み方と例文
旧字:絲遊
読み方(ふりがな)割合
いとゆう66.7%
しゆう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“糸遊”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 釣魚 遊猟1.5%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
林の一角、直線に断たれてその間から広い野が見える、野良のら一面、糸遊いとゆう上騰じょうとうして永くは見つめていられない。
武蔵野 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
そちこち陽炎かげろうや、糸遊いとゆうがたきしめた濃いたきもののようになびくでしょう。雲雀ひばりは鳴こうとしているんでしょう。うぐいすが、遠くの方で、低いところで、こちらにも里がある、楽しいよ、と鳴いています。
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
七月に入れば、水際に近い砂原の糸遊しゆうに揺れて、腰に通い筒を下げながら幾人もの釣り人が遠くかみ手の方へ歩いて行くのを見る。
香魚の讃 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)