“糞詰”の読み方と例文
読み方割合
ふんづま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毎日々々けない黒胡麻べて糞詰りになるから牛が加減が悪くなつて、御所内主殿寮牛小屋がありまして、りますと、牛の仲間が見舞りました
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)