“米町”の読み方と例文
読み方割合
よねまち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其麽時は怎も米町(遊廓)へ行くらしいので、現に或時の晩の如きは職工二人許りと連立つて行つた形跡があると云ふ事であつた。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
米町川が、村の中を、すぐ宿の前を流れますが、谿河ながら玉を切るの、水晶を刻むのと、黒い石、青いを削り添えて形容するようなではありません。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
其麽時は怎も米町(遊廓)へ行くらしいので、現に或時の晩の如きは職工二人許りと連立つて行つた形跡があると云ふ事であつた。
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)