“米作”の読み方と例文
読み方割合
べいさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が自分の材幹値遇とによつて、吏胥としてげられるだけの事を成し遂げた上で、身を引いた天保元年は泰平であつた。民の休戚米作豊凶つてゐる国では、豊年は泰平である。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)