“米三郎”の読み方と例文
読み方割合
よねさぶろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
写楽が女形の肖像は奇中傑作中の傑作ならんか。岩井半四郎、松本米三郎の如き肖像を見れば余はに劇場の楽屋においてのあたり男子の女子に扮したる容貌を連想す。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)