“築土八幡”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つくどはちまん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“築土八幡”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
女はガードをくぐって水道橋を渡って築土八幡つくどはちまんの近くのとある横路地を這入はいった。三平も続いて這入った。
黒白ストーリー (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
南向きの障子には一ぱい暖かい日がして、そこを明けると崖下がけしたを流れている江戸川を越して牛込の窪地くぼちの向うに赤城あかぎから築土八幡つくどはちまんにつづく高台がぼうともやにとざされている。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)