“築土八幡宮”の読み方と例文
読み方割合
つくどはちまんぐう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
風の日も雨の日もうことなく、住居をる十町ばかりの築土八幡宮参詣して、愛児の病気を救わせ給えとり、平生める食物娯楽をさえにちたるに、それがためとにはあらざるべけれど
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)