“磐根”の読み方と例文
読み方割合
いはね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「神さぶる磐根こごしきみ芳野水分山を見ればかなしも」(巻七・一一三〇)、「黄葉の過ぎにし子等とはり遊びし磯を見れば悲しも」(巻九・一七九六)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
ぎなし底つ磐根
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
鴨山磐根けるをかもらにとちつつあらむ 〔巻二・二二三〕 柿本人麿
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)