“砂路”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いさごじ33.3%
すなじ33.3%
すなみち33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“砂路”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
故郷のいさご、雨上がりの湿った海岸の砂路いさごじ、あのなめらかな心地の好い路がなつかしい。
一兵卒 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
(あの松原の砂路すなじから、小松橋こまつばしを渡ると、急にむこうが遠目金とおめがねめたようにまるい海になって富士ふじの山が見えますね、)
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ふらふらと葭簀よしずを離れて、早や六七間行過ぎた、女房のあとを、すたすたと跣足はだし砂路すなみち
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)