“真宗寺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんしゅうでら50.0%
しんしゆうでら50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
Kは真宗寺に生れた男でした。しかし彼の傾向は中学時代から決して生家の宗旨に近いものではなかったのです。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
光永寺と云う真宗寺に同藩の家老が滞留中、日市中の芸妓か女郎か五、六人も変な女を集めて酒宴の愉快、私はその時酒を禁じて居るけれども陪席御相伴せ付けられ、一座杯盤狼藉の最中
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
さんは真宗寺慈光寺の娘さんでした。私はかう書き初めて頃楠さんの年齢はいくつぐらゐであつたのであらうと思つて見ますがりません。
私の生ひ立ち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
鰹節は猫と真宗寺との好物で明恵はあんなものは好かなかつた。