“太宗寺”の読み方と例文
読み方割合
たいそうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藪入などは勿論ここらの一角とは没交渉で、新宿行の電車が満員の札をかけて忙がしそうに走るのを見て、太宗寺御閻魔様の御繁昌をかに占うに過ぎません。
二階から (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
彼等は一旦その近所の太宗寺内へ逃げ込んで、金箱のなかをあらためると、銀と銭とを併せて二両ほどしか無かつた。思ひのほかに少いとは思つたが、二人はそれを山分けにして別れた。
赤膏薬 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)