“宗太”の読み方と例文
読み方割合
そうた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時、にぎやかな子供らの声がして、半蔵が妻のお民の後ろから、お宗太梯子段を上って来たので、半蔵はもうそんな話をしなかった。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
娘のおは五つになるが、下に宗太という弟ができてから、にわかに姉さんらしい顔つきで、お民に連れられながら、客のところへ茶を運んで来た。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
娘おがいる。長男の宗太がいる。継母おまんは屏風の出来をほめながら、半蔵の書いたものにながめ入っている。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)